プロベラのようなホルモン剤以外でエストロゲンを増量する方法はないのか?

アンチエイジングや美容目的でエストロゲンを筆頭とした女性ホルモン剤を利用されている方も多いことでしょう。エストロゲンは特に注目されています。妊娠を望んでいる場合。他にも更年期障害やPMSなどの諸症状に悩みがある方の役に立っています。

ここでは女性ホルモン剤以外にエストロゲンを分泌させる方法はないのか?と題して紹介していきます。

■エストロゲンとは?
エストロゲンという成分があると勘違いしている方もいらっしゃいますが、実は総称だってご存知でしたか?女性ホルモンの1つであり、女性らしさを形成するためには、絶対に必要なホルモンとされていますが、これは前述にもある通り総称なのです。

詳しくいえば、エストロンやエストリオール、エステトロールやエストラジオールといったものを総称しているわけです。

■異性を惹き付ける力
エストロゲンには、冒頭でも言ったように女性らしさを形成するための様々な役割を担ってもらっています。人間のみならず、動物のメスが発情期に入ると、女性ホルモンがいつもよりも大量に分泌されるようになり、体の色が目立ったり、キレイになったり、オスを欲情させるような鳴き声が出るようになったりします。

こういったことが分かれば、ホルモン剤を服用する以外のエストロゲン分泌方法が見えてきますね。

■恋愛をする
人間の場合、恋愛をするとエストロゲンが増えると言われています。結婚もしているし、恋愛なんてと思うかもしれません。しかしながら、恋心を抱くだけでも効果があるとされているのです。例えば、俳優やアイドル、スポーツ選手などに恋い焦がれるというだけでも、エストロゲンの分泌には役立つとされています。

いつも何かに対して恋をしていれば、ホルモン剤のサポートがなくても、若々しく、美しくいられるのではないでしょうか。